お金や人間関係の不安を消す方法

f:id:hideti01:20160926162642j:plain

アナタが不安を感じることはありますか?もし答えが「YES」だとして、「どんな時に不安を感じ、どのように対処してますか?」

 

「不安」はアナタが作った幻想

実はこの質問をまじめに考えるだけで「不安」が消えることがあります。ウソのようで本当の話です。きちんと根拠がありまして、「不安」は「なんとなく感じる」と「妄想」の2種類がほとんどだからです。

お金の不安は「数字」で考える

例えば「お金の不安」。給料もらった矢先に、来月までの予定を思うと、、、お金足りるかな??? なんか不安という流れで発生します。

クレジットカードの支払は◯◯◯◯◯円、旅行代が◯◯◯◯円、食費は、、、という感じで全て数字化すると、あれ?なんとかなりそう^^

こういうことは良くあることなんです。仮にその月の支出が収入を超えたとしても、「いくら足りないかが分かっていれば」対処法が思いつきます。

 

・貯金でカバーできないか?
・何か売るものないか?
・食費を節約できないか?

 

人間は対処法まで思考できれば、とりあえず「不安」は感じなくなります。仮に5万円マイナスだとしても、それを埋め合わせる方法が見つかっていれば、金額の多さと不安は比例しません。

もし1円だけ足りなかったとしても、具体的に数字化してないと「5万ぐらい足りないのでは?」という不安を来月の給料日まで抱え込むことになります。

人間関係の不安は「紙にまとめる」

中には数字にできない「不安」もあるでしょう。その場合も考え方は同じで、具体化すれば良いです。ノートやA4のコピー用紙に、何に不安を感じてるのかを具体的に書いてみましょう。細かくかけない場合は箇条書きでもかまいません。

そして、その対処法があるのか?ないのか?を考えてみてください。

自分ではどうしようもない不安というのが時にはあります。たとえば相手しだいの不安。こういう場合の対処法は「ない」もしくは「気にしないという対処法」しかありません。

 

仕事の同僚を明日から自分の目の前から消すことが基本的にはできません。ポイントは「相手の発言や行動」をそのまま受け止めても、自分だけが悩み損ということがよくあるのです。

 

例えば、たまたま相手がムシャクシャしてたときに、アナタが話しかけて何かを言われた、もしくはアナタを嫌がる素振りをしたとしましょう。

 

この場合、いくらあなたが「何か悪いことをしたのか?」と考えたところで、時間のムダなんですね。なのでまず、こういう出来事があったということだけ紙に書いておきましょう。

それだけで、脳は忘れていいんだと思ってくれます。メモは忘れるためにするものですから。

 

まずは文字に具体化して頭から消してください。その後進展があれば赤ペンで追記してください。もし同じようなことが続けば、今度は出会い方を変えてみてください。

 

もしかしたら、あなたが会う時間帯が、疲労のピーク時にあたってるのかもしれません。なので文字に具体化するときには、出来事が起きた時間や場所もメモしておくべきです。

 

不安で眠れない人は

紙に不安を落とし込むのが今回のポイントでした。もしアナタが不安で眠れないようなら、睡眠前に日記をつけてみてください。「嫌なこと日記」を寝る前に書くのです。

 

今まで話してきたことを寝る前にやるだけです。 数字や文章で具体化することで対処法までつきつめましょう。仮に対処法がその日に思い浮かばないとしても安心してください。まず不安を吐き出しただけでも効果はあります。さらに対処法が思い付けなくても、脳にはそれが伝わります。

 

脳は私達が知っていること以上に高性能なんです。問題は正しい使い方を持ち主である我々が知らないことなんです。この問題を解決したいと脳に信号を送ることで、無意識下でも常にアンテナをはりながら問題解決の方法を探してくれます。

 

モヤモヤする理由は、脳に正しい命令を下してないことにもあります。まずは状況を紙に書いて、解決策まで考えことをしてください。夜眠れないなら、何が不安になっているかを紙に吐き出してください。すると心が鎮まり眠れるようになります。