非常食用の尾西の五目ご飯が賞味期限をむかえたので試食してみた。

f:id:hideti01:20161104200810j:plain

非常用の五目ごはんが賞味期限を向かえました(2016年10月)。消費期限ではないのですが、今後美味しさが落ちるのは間違いありません。

とりあえず、どんなモノかと食べてみたい衝動にかられました。作り方や食感、味の感想をレポートします!ちなみに商品名は「尾西の五目ごはん(アルファ米)」です。

水だけで五目ごはんが食べられるとは

f:id:hideti01:20161104201244j:plain

まずは作り方を確認しましょう。熱湯なら15分、水なら60分かかるようです。必要な水の量は160mlです。できるだけリアルな体験ということで「水」にしようと一瞬思いました。しかしお腹が減っていたので時短を優先して「お湯」で作りました。

 

f:id:hideti01:20161104201841j:plain

袋の中身はこんな感じ。五目ごはんの香りがかすかにします。

f:id:hideti01:20161104201731j:plain

お湯160mlをいれました。袋のチャックをしめて15分待ちます。

f:id:hideti01:20161104202111j:plain

15分経過したので、中身を見てみまししょう。見事に五目ごはんではないですか!!!

f:id:hideti01:20161104202043j:plain

袋の中で混ぜるのが面倒になりボールにうつしかえました。非常時は袋の中でスプーンでちゃんとかきまぜます。ちなみにスプーンもついてきます。

 

f:id:hideti01:20161104202534j:plain

1袋でお茶碗2杯分になりました!

 

尾西の五目ごはんの感想をいいます。思ったよりも食べれました。スーパーで売っている炊飯器に投入さするだけで出来る五目の元の60~70%ぐらいの味です。米のボサボサ感はありますが、非常時にこれを食べられるのはありがたいと素直に感じました。